携帯の壁紙作りを考えている方のためのサイトです。

携帯の壁紙作りを考えている方のためのサイトです。
少しでもお役に立てればいいなと思っています。

スポンサードリンク

携帯壁紙っ娘クラブ(1)

今回の作成は携帯壁紙っ娘クラブを使い説明します。

■携帯壁紙っ娘クラブ

起動すると、画像を開く場所と画像リストの画面の2つの画面が起動しますが、
バージョンUPしていないようで画像サイズの選択が少なく大きいサイズの
設定がありません。

そこで最新の画像サイズに対応する設定をする必要がありますが、
これを一度やってしまうと後はしなくてもOKですし、
好きなサイズで固定できます。

■設定

解凍したフォルダの中に「Default.kkc」というファイルがありますが、
これが起動した時に読み込まれるデフォルトの設定です。
そこで今回は「Default.kkc」のファイルを書き換えます。

Default.kkcをテキストで開きます。
(メモ帳を開いてその中にD&Dすれば開きます。)


以下の方法で書き換えなくてもメーカー別で選択できます。
「kkclub.exe」と同じフォルダで「Default.kkc」のあるところと
同じ場所に入れてください。

反映方法はメニューの「画像」「切り出しオプション」またはフォルダアイコンの
「設定ファイルを開く」で設定。

「DoCoMo用」「au用」「Vodafone用」「tu-ka用」

DLすると「DoCoMo.kkc.txt」のようにテキストになっていますので
「.txt」を消して「DoCoMo.kkc」にしてください。

簡単に携帯の壁紙を作成

携帯の壁紙作成には、ただ単に気に入った画像を壁紙にしたり、
画像に手を加え加工など編集をする場合などいろいろありますが、
単純に気に入った画像から携帯用の壁紙を作成する場合、

ペイントや画像編集ソフトなどを持っていれば簡単に出来るのではと思いますが、
持っていない人や使ったことが無い人、またはサイズの指定してリサイズ出来ない
人のために、簡単に携帯の壁紙を作成できる専用ソフト紹介します。

  簡易待受け画像メーカー
  携帯壁紙っ娘クラブ

簡易待受け画像メーカーはいろんな機能があって使いやすくいいと思うのですが、
無料なのに登録しないと全ての機能が使えないようです。
しかし多彩な機能と簡単に使いやすく、カレンダーなんかも作れ便利なソフトです。

携帯用壁紙の画像の作成

i-mode携帯用の壁紙画像は、白黒2階調、白黒4階調、カラー256色でしたが、
最近の携帯の機種ではフルカラー表示 65,536色 が主流になりましたね。

携帯の壁紙を作る場合の画像エディタはWindowsに標準で添付されている
Paintを使用して壁紙用の画像を作成。
但し、WindowsのVersionによってはGIF形式での保存がサポートされていない
Paintがあるので注意が必要です。

例えば、オリコンHomePageとかにあるCDジャケットを使ってオリジナルの
携帯の壁紙用画像に加工する場合、気に入った画像を右クリックして
自分のパソコンに「名前を付けて保存」で保存。

次に、画像を携帯の壁紙用の大きさの解像度にするために、
保存した画像をPaintで開いて、[変形]-[伸縮と傾き] を選び、
縦横の解像度を合わせる。

この場合、壁紙用に使う原画の大きさを予め調べておくと
縮小率を計算するのに便利です。

大きさは、[変形]-[キャンバスの色とサイズ]で確認できます。
例えば、原画の大きさが150x150(ピクセル)の場合は、
96÷150=0.64で、64%に縮小します。 

最後は、 [ファイル]-[名前を付けて保存] で画像をGIF形式で保存すれば、
OKですね。

その他、携帯の壁紙用画像作成方法としては、
ホームページビルダーに添付されている「iフォト・ビルダー」などを使うと
簡単に携帯の壁紙用画像が作成できまね。

携帯用壁紙の画像の決まり

携帯の壁紙を作る場合、画像の決まりを考えないといけませんよね。

i-mode携帯の以前発売されていた機種では5K以内でしたが、
最近のカラー端末では キャッシュを拡張して10K以上のファイルサイズまで
対応でるようになっているようですね。

このファイルサイズとは、携帯の壁紙を作る場合の画像ファイルとHTMLファイルの
合計の容量になります。
携帯の壁紙用としての画像ファイルの容量が5Kぎりぎりだと、HTMLファイルの
容量との合計で5Kを超えてしまう場合もあるので注意が必要ですね。

このファイル容量が大きいと、携帯用の壁紙をhttp:// などから始まる
画像をダウンロードする場合、パケット通信料が高くなってしますので、
出来るだけ小さくした方が良いですね。

また携帯用壁紙に使う画像形式は、
GIF形式でGIF87、87a、89a形式 に対応しているようです。

携帯の壁紙として画像をダウンローロードする場合は、
最大10Kを目安に出来るだけ小さくし、
壁紙用の画像形式は GIF形式 (GIF87,87a,89a) にして、
色数と壁紙用画像の大きさを機種ごとに調整する必要があるようです。

携帯用壁紙の画像

携帯の壁紙って、以外に簡単に作れそうで、以外と奥が深いのが壁紙の画像ですね。
i-modeの携帯場合は機種ごとに壁紙に使う画像の解像度・色数・容量などに
制限があるので注意が必要ですね。


ここはi-mode携帯向け壁紙の画像の作り方を中心考えてみます。
携帯の壁紙の待受画像は、i-mode携帯の場合、何もしない状態で表示されている
画像の事で、コンピュータの世界でいえば、Windowsの壁紙っていう感じですね。


携帯の壁紙用画像の特徴は、
 ・携帯の機種ごとに壁紙用の解像度が違うということ、
 ・携帯の機種ごとに壁紙に使用できる色数が違うということ、
  (白黒2階調、白黒4階調、カラー256色など)
 ・携帯の機種ごとに壁紙用の最大ファイルサイズが違うということ、
 ・壁紙用画像の形式がキャリア(携帯の会社)で違うということ、
  (NTT DoCoMoの携帯i-modeは、GIF形式で、最近の機種はJPEG形式にも対応)

といった制限があるので注意が必要ですね。
この制限に基づいて携帯の壁紙用の画像を作成しないと携帯で
表示できない場合が出てきますよね。